電力不足による大規模停電の危機で節電にチャレンジ

今日は稀に見る寒波によって真冬の寒さとなり、3月下旬なのに雪が降っていました。

テレビのニュース番組では電力不足による停電の危機を繰り返し報道しており、節電の協力を呼びかけていました。

これは先週、東北で起こった大きな地震によって発電施設が損傷したことが原因なのだそうです。

東京電力の管内ではいつ停電になってもおかしくない状況でした。

もしも停電した場合、約3時間は電気が使えない状態になるとも言われていたので、これは節電するしかありません。

ここ最近はエアコンで部屋を暖めていましたが、今日はストーブを使いました。

デスクトップパソコンは使わずにMacBookのバッテリーで仕事をすることで節電ができます。

いつもなら食洗機を使うのですが、今夜は手洗いすることにしました。

そんなこんなで過ごしていると大規模停電の危機はどうやら回避できたようです。

普段は当たり前のように使える電気のありがたみが良く分かりますね。

日本はそもそも冬の電力不足に弱いそうなので、予備のバッテリーやソーラーパネル、灯油、ガソリンは用意しておくのが良さそうです。

(英語)

Challenge to save electricity in the crisis of large-scale power outage due to power shortage

It was cold in the middle of winter due to the rare cold wave today, and it was snowing even though it was late March.

The news program on TV repeatedly reported the danger of power outages due to power shortages, calling for cooperation in saving electricity.

It seems that this is because the power generation facility was damaged by the big earthquake that occurred in Tohoku last week.

Within the jurisdiction of TEPCO, it was safe to have a power outage at any time.

It was said that if there was a power outage, electricity would not be available for about 3 hours, so this is the only way to save electricity.

Recently I used to warm my room with an air conditioner, but today I used a stove.

You can save power by working with the MacBook battery without using a desktop computer.

I usually use the dishwasher, but tonight I decided to wash my hands.

It seems that the danger of a large-scale power outage could be avoided by spending time like this.

You can see the value of electricity that can be used as a matter of course.

Japan seems to be vulnerable to power shortages in winter, so it seems good to have spare batteries, solar panels, kerosene, and gasoline.

タイトルとURLをコピーしました